モグワン

モグワンのアレンジ・トッピングレシピ集!注意点や与えてはいけない食材もご紹介

モグワン トッピングレシピ集

「モグワンをアレンジやトッピングしても大丈夫?」

「モグワンのアレンジレシピが知りたい!」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

モグワンは栄養価が高いので、モグワンだけでも必要な栄養を摂取することができます。

ですが、「モグワンに食材をトッピングしても良いの?」と気になる方もいらっしゃいますよね。

愛犬によってはトッピングしたりアレンジしたい場合があるかと思います。

そこで本記事では、モグワンのアレンジ・トッピングレシピについて詳しくご紹介していきますね、

【この記事を読むと以下のことが分かります】

  • モグワンのおすすめアレンジ・トッピングレシピ
  • モグワンにトッピングする際の注意点
  • モグワンにトッピングして与えている人の口コミ
  • モグワンにトッピングするメリット
  • モグワンにトッピングするデメリット
愛犬家 コノ
「モグワンをそのままでは食べてくれない」といった場合、トッピングすることで改善できる場合があります。

日々、書籍や論文で犬の健康について学んでいる僕が分かりやすく解説していきますね。

今日もよろしくお願いします♪
コムギ 3歳

\最大20%OFFの割引キャンペーン中/

モグワンの公式サイトを見る

▼モグワンの口コミはこちら▼

モグワンに食材をトッピングして大丈夫なの?

そもそもモグワンに食材をトッピングしたり、アレンジしても良いのか?についてですが、結論を言うとOKです。

モグワンは手作り食のレシピから生まれたドッグフードであり、「全体の25%までであればアレンジ・トッピングがOK」と公式サイトにも記載されているからです。

そのため、普段のモグワンの味に飽きてしまったり、ご褒美として豪華な食事を与えたい場合、モグワンをアレンジして与えてあげるのもオススメします。

トッピングをすることで食いつきが上がることも多いので、愛犬の体調に合わせて様々なアレンジをしてあげましょう。

愛犬家 コノ
ドッグフードの中でもモグワンは低脂肪で太りにくいので、トッピングしやすいドッグフードですよ。

多少のトッピングをしても肥満の原因にはなりにくいです。

モグワンのおすすめアレンジ・トッピングレシピ!

レシピ

  1. 鶏スープ+鶏ささみ
  2. キャベツ
  3. バナナ
  4. リンゴ
  5. プレーンヨーグルト

モグワンのアレンジ・トッピングレシピは沢山ありますが、おすすめなものは上記の5つが挙げられます。

ひとつずつご紹介していきますね。

モグワントッピングレシピ①鶏スープ+鶏ささみ

モグワンのトッピングとして「鶏スープ」「鶏ささみ」を加えるレシピがおすすめです。

鶏ささみはワンちゃんが大好きな食材ですし、脂肪が少なくて太りにくい食材なので与えやすいです。

また、鶏スープをモグワンにかけることで、ふやけて柔らかくなるので嗜好性も上がりますよ。

愛犬の食欲がない時におすすめのレシピと言えますね。

作り方は、鶏ささみの「茹で汁」と「ささみ」をモグワンにトッピングするだけなので簡単にできます🔽

作り方の手順

  1. 鶏ささみを茹でる(量はお好みで)
  2. 茹で汁を冷ます(2〜3分が目安)
  3. モグワンに茹で汁をかける(2〜5分が目安)
  4. 茹でたささみをトッピングして完成。

モグワントッピングレシピ②キャベツ

野菜でいうと、キャベツをトッピングするのもオススメです。

キャベツはカロリーが低いですし、ビタミンKやビタミンCなどの栄養も豊富に含まれています。

ビタミンKは血液や骨の健康に関わり、ビタミンCは疲労回復効果がありますよ。

癌予防にも役立つ「抗酸化作用」も期待できます。

作り方は至ってシンプルで、お好みの量を細かく刻んでモグワンにトッピングするだけです。

愛犬家 コノ
もしお腹が弱い子であれば、キャベツを電子レンジで人肌程度温めてあげるのもオススメです。

モグワントッピングレシピ③バナナ

果物ではバナナをトッピングするレシピがあります。

バナナは食物繊維が含まれているので整腸作用があります。

愛犬の便の調子が悪いときはバナナをトッピングしてあげると良いでしょう。

キャベツと同じで、バナナもお好みの量を細かく刻んでフードに混ぜるだけでOKです。

大きすぎると喉の詰まる恐れがあるので、食べやすいサイズにカットしてあげましょうね。

モグワントッピングレシピ④リンゴ

リンゴは水分補給になりますし、疲労回復効果もあります。

夏バテで水分不足なワンちゃん活発なワンちゃんにはリンゴをトッピングしてあげることをオススメしますよ。

キャベツやバナナと同様で、作り方は細かくカットしてモグワンに混ぜるだけです。

モグワントッピングレシピ④プレーンヨーグルト

僕が個人的におすすめするのはプレーンヨーグルト。

ヨーグルトは善玉菌を増やす作用があるので腸内環境を整えてくれます。

また、腸内環境が整うと口臭の緩和も期待できるので、愛犬の口臭でお悩みであればプレーンヨーグルトをトッピングしてあげましょう。

モグワンに少しかけてあげるだけでも食いつきが上がりますよ。

注意点としては、必ずプレーンタイプ(無糖)を選ぶことです。

プレーン以外のヨーグルトは砂糖や甘味料が含まれていることがあるので注意しましょう。

購入前に必ず原材料は確認しておきましょうね。

愛犬家 コノ
このようにモグワンにトッピングできる食材は沢山あります。

色々な食材をトッピングして、愛犬の好みのレシピを見つけていきましょう。

\最大20%OFFの割引キャンペーン中/

モグワンの公式サイトを見る

▼モグワンの口コミはこちら▼

モグワンをアレンジ・トッピングする際の注意点

注意点

  1. 与える量に注意
  2. トッピング食材の大きさに注意
  3. 与えてはいけない食材を与えないこと

モグワンをアレンジしたり食材をトッピングする際は、上記の3つの注意点があります。

ひとつずつ解説していきますね。

①与える量に注意

まず、モグワンに食材をトッピングする場合、「モグワンの与える量」「トッピングする量」に注意しましょう。

与える量が多すぎると栄養過多となり、肥満や様々な病気の原因となるからです。

僕の場合、トッピングする際はモグワンの量を10〜20%ほど減らしています。

トッピングする量も少量に留めることが望ましいですね。

愛犬家 コノ
モグワンだけでも1日に必要な栄養を摂取できるので、毎日絶対にトッピングする必要はありません。

愛犬の体調に合わせて、適度な頻度でモグワンをアレンジして与えてあげましょうね。

②トッピング食材の大きさに注意

お肉や野菜や果物など、どんな食材をトッピングする場合でも食材の大きさに注意してください。

大きいサイズで与えてしまうと食べにくいですし、喉に詰まる恐れもあるからです。

できるだけ食べやすいサイズ(ドッグフードと同じ大きさぐらい)に細かくカットすると、食べやすくなるのでオススメします。

特に子犬や超小型犬(チワワなど)は口が小さいので、小さくカットする方が食いつきも上がります。

③犬に与えてはいけない食材を与えないこと

犬が中毒を引き起こす恐れがある食材

危険な食材理由
玉ねぎ・ネギ・ニラ有機チオ硫酸化合物という成分により貧血や溶血を引き起こす。
チョコレートテオブロミンが興奮剤として作用する。
摂取量次第で、吐き気や心臓病、内出血を引き起こし、死亡に至るケースも。
カフェイン
人間よりも作用に敏感。異常に活動的になり、身震いを始める恐れがある。
マカダミアナッツ摂取後かなり早くから激しく症状が出ると言われている。
虚脱、嘔吐、運動失調、あるいは後肢の不完全麻痺、震え、発熱など。
キシリトール低血糖と急性の肝不全を起こしたり、死に至ることもある。
いちじくフィシンという成分により嘔吐や下痢を引き起こす恐れがある。
ぶどう・レーズン原因は解明されていないが、腎障害を発症する恐れがある。
アルコールアルコールを分解できないため、呼吸器や心臓、血管、肝臓など内臓に影響を及ぼす。

モグワンのトッピングには、上記のような食材は使わないようにしましょう。

上記の食べ物は犬が食べると中毒を引き起こしたり、様々な病気の原因となるからです。

場合によっては死に至ることもあるので、トッピングに限らず、上記の食べ物は普段から愛犬に食べさせないことが大切です。

犬にオススメできない食材

オススメできない食材理由
ドライフルーツ糖分の過剰摂取に繋がったり、胃腸で水分を吸収して膨張し、胃痛を引き起こす恐れがある。
スルメドライフルーツと同様、胃腸で水分を吸収して膨張し、胃痛を引き起こす恐れがある。
魚の骨内臓に刺さってしまう恐れがある。
人間用に味付けされた食べ物犬にとって塩分などの過剰摂取に繋がるのでオススメできない。

中毒などはありませんが、上記のような食材も犬にはオススメできません。

ドライフルーツやスルメなどの乾燥した食べ物は胃腸で膨らんで胃拡張を引き起こす恐れがあります。

また、人間様に味付けされた食べ物も犬にとっては味が濃いですので過剰摂取に繋がる恐れがあります。

モグワンに限らず、ドッグフードのトッピング材料には適していない食材です。

愛犬家 コノ
モグワンをアレンジする際は、犬にとって危険な食材を理解しておくことが大切です。

犬が食べられる食材のみをトッピング材料として使うようにしましょうね。

\最大20%OFFの割引キャンペーン中/

モグワンの公式サイトを見る

▼モグワンの口コミはこちら▼

モグワンにトッピングして与えている人達の口コミ

ここからは、実際にモグワンにトッピングして愛犬に与えている人の口コミをご紹介していきますね。

①茹でササミ+人参+ブロッコリー

アイコン

もりもり食べます。

モグワン トッピング

モグワンとブッチを混ぜて、茹でササミやニンジン、ブロッコリーをトッピングしました。

モリモリ食べてくれます!

口コミ参考元:instagram

②納豆+ヨーグルト+牛肉など

アイコン

トッピングしてみました。

モグワン トッピング

納豆やヨーグルト、牛肉、バナナ、もやし、オリーブオイルをトッピングしました!

Uber Eats風です。

口コミ参考元:instagram

③モグワン+ウェットフード

アイコン

うちはウェットフードをトッピングです。

モグワン トッピング

うちではモグワンの上にウェットフード(グラントカルノ)をトッピングしています。

無添加ですし、ツナ缶の匂いがしてめっちゃ美味しそうです。

口コミ参考元:instagram

④モグワン+桜どりの胸肉

アイコン

桜どりで蒸し鶏を作りました。

モグワン トッピング

母がコストコで買ってきた「桜どり」で蒸し鶏を作ってくれました。

いつものモグワンにふりかけて愛犬に与えました。

手作りフードは格別ですね。

口コミ参考元:instagram

⑤ワカサギや納豆、キャベツをトッピング

アイコン

ワカサギを見つけたのでトッピング。

モグワン トッピング

ワカサギを見つけたので、キャベツやカリフラワー、納豆、小松菜、オクラと一緒にモグワンにトッピング!

あっとう間に完食でした。

たくさん食べてくれてありがとう。

口コミ参考元:instagram

愛犬家 コノ
みなさん、モグワンに様々な食材をトッピングして与えられているようですね。

愛犬の食欲がない時などは、愛犬の好物をトッピングしてあげるのも良いかもしれませんね。

モグワンの公式通販サイトはこちら

モグワンをアレンジ・トッピングするメリット・デメリット

モグワンにトッピングするメリット

メリット

  1. 食いつき向上
  2. モグワンを飽きずに食べてくれるようになる。
  3. 愛犬の体調に合わせて健康補助ができる。

①食いつきが向上する

トッピングのメリットの一つ目は、食いつきが向上することです。

特に「鶏ささみ」や「牛肉」「豚肉」などの肉類はワンちゃんの大好物なので、食欲がないときはトッピングしてあげると食いつきが良くなることが期待できますよ。

②モグワンを飽きずに食べてくれるようになる

トッピングする2つ目のメリットは、モグワンを飽きずに食べてくれるようになることです。

毎日同じドッグフードを与えていると、ワンちゃんによっては飽きてしまうことがありますよね。

でも、時々モグワンをアレンジしたり、食材をトッピングすることで、いつもと違う食事を味わえるので飽きることが減ります。

また、飼い主さんからしても、時にはアレンジしたモグワンを与えて愛犬が美味しそうに食べてくれるのを見ると嬉しいですよね^^

愛犬家 コノ
僕もモグワンに野菜や果物をトッピングして愛犬に与えることがありますが、いつもよりも美味しそうに食べてくれます。

トッピングするのは飼い主さんからしても気分転換になるかと思います。

③愛犬の体調に合わせて健康のサポートできる

トッピングは、ただ愛犬の食いつきを上げるだけでなく、健康状態のサポートもすることができます。

前述したように、たとえばプレーンヨーグルトをトッピングすると善玉菌を増やして腸内環境を整える効果が期待できます。

キャベツはビタミンが豊富ですし、口コミの方のように納豆を与えるのもオススメです。

納豆は発酵食品なので腸内でも効果を発揮しますし、ナットウキナーゼという酵素によって脳梗塞や心筋梗塞の予防が期待できます。

夏の暑い日などは水分が豊富な果物や野菜をトッピングすると夏バテ対策になります。

愛犬家 コノ
このように、トッピングをすると愛犬の体調や健康状態に合わせたサポートができます。

冬は「体が温まるスープ」を混ぜるなど季節に応じてアレンジするのもおすすめですよ。

モグワンにトッピングするデメリット

デメリット

  1. トッピングしないと食べてくれなくなる恐れがある
  2. 栄養の過剰摂取に繋がることがある

①トッピングしないと食べてくれなくなる恐れがある

トッピングするデメリットとしては、あまりにも頻繁にトッピングして与えていると、そのままのモグワンを食べなくなる恐れがあることです。

トッピングすると嗜好性が上がることが多いので、その味に慣れてしまうと、普段のモグワンでは物足りなくなるからです。

特にスープなどでふやかしたモグワンを毎日与えていると、カリカリフード自体が苦手になることもあります。

そのため、トッピングして与えるのは1週間に1〜2回など頻度を決めておきましょう。

愛犬家 コノ
前述したようにモグワンだけでも1日に必要な栄養は摂取することができるので、毎日アレンジする必要はありません。

トッピングする頻度には注意しましょうね。

②栄養の過剰摂取に繋がることがある

もう一つのデメリットは、トッピングを沢山してしまうと栄養の過剰摂取に繋がる恐れがあることです。

犬にとって必要な肉、魚、野菜、果物はモグワンには全て含まれているので、与える量が多いと栄養過多になる可能性があります。

先ほどもお伝えしましたが、食材をトッピングする際はモグワンの与える量も10〜20%ほど減らしましょう。

トッピングする量も少量だけに留めることが大切です。

\最大20%OFFの割引キャンペーン中/

モグワンの公式サイトを見る

モグワンのアレンジ・トッピングレシピ【まとめ】

【まとめ】

モグワンのおすすめのトッピング食材
①鶏スープ+鶏ささみ
②キャベツ
③バナナ
④リンゴ
⑤バナナヨーグルト

トッピングする際は与える量に注意すること

犬が食べてはいけない食材をトッピングしないこと

今回は、モグワンのアレンジ・トッピングレシピについてご紹介しました。

基本的に犬に与えてはいけない食材以外であれば、どんな食材でもトッピングすることができます。

愛犬の好物をトッピングしてあげたり、今回ご紹介したような「鶏ささみ」や「キャベツ」「バナナ」などをトッピングしてあげるのも良いかと思います。

ただ、トッピングはメリットも多いですが、デメリットもあるので、しっかりと理解した上で与えていきましょうね。

愛犬家 コノ
今回ご紹介したことが、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

あなたの愛犬がずっと健康で元気でいれることを僕は願います。

\最大20%OFFの割引キャンペーン中/

モグワンの公式サイトを見る

▼モグワンの口コミはこちら▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コノ

はじめまして。チワワと共に暮らす「コノ」と申します。このサイトでは、実際に試して分かったオススメのドッグフードをご紹介しています。書籍やインターネット、インタビューを通じて今までに100以上のドッグフードを調査しました。実際に数多くのドッグフードを試した僕が犬種・年齢・悩み別にドッグフードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-モグワン

© 2021 ドッグフードの部屋 Powered by AFFINGER5