アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードの原材料・成分から分かる安全性が高い理由

アランズナチュラルドッグフード 安全性

「アランズナチュラルドッグフードの安全性は大丈夫?」

「原材料や成分、カロリーに問題はない?」

という方に向けて、本記事ではアランズナチュラルドッグフードの原材料や成分、カロリーを踏まえて安全性について徹底解説します。

ワンちゃんを飼っていると、健康面の心配・アレルギーの心配などがありますよね。

アランズナチュラルドッグフードは健康面の配慮がしっかりとされた安全性の高いドッグフードです。

シンプルな原材料で作られて成分値の栄養基準をクリアしていますし、ペット先進国イギリスの工場で厳しい品質テストのもと製造されています。

私も、愛犬の健康やアレルギーで悩んでいたとき、アランズの購入を迷い、安全性や効果について沢山調べました。

もし健康的なフードをお探しで「アランズを購入しようか?」迷われているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

アランズの安全性や効果について確信が持てますよ。

愛犬家 コノ
アランズ愛用者の私が徹底解説していきますね。

アランズナチュラルフード 公式サイト

アランズナチュラルドッグフードの安全性は高い!

冒頭でお伝えしたように、アランズナチュラルドッグフードは無添加フードの中でも安全性が高いドッグフードです。

安全性が高い5つの根拠

  1. 添加物一切不使用。
  2. 9種類の食材のみで有害な食材を使用していない。
  3. AAFCO(アフコ)の定める成犬の栄養基準を満たしている。
  4. 獣医師・栄養士・植物学者が協力のもと開発されている。
  5. 厳しい原材料チェック・品質テストのもと製造されている。

上記の5つの根拠について一つずつ解説していきますね。

①添加物を一切使用していない

アランズは保存料や着色料、合成酸化防止剤などの添加物を一切使用していない完全無添加のドッグフードです。

「無添加」と表記されているドッグフードは多くありますが、実は合成ビタミンや合成ミネラルを添加していることが多いです。

ビタミンやミネラルを添加しないと、食材だけではワンちゃんの1日に必要な栄養素を摂取させることができないからです。

ですが、アランズではそのような合成ビタミン・合成ミネラルを添加せず、天然食材のみで必要な栄養素を補えるよう作られています。

「無添加」ではなく「完全無添加」フードなので、健康面を考えるとアランズの方が安全性は高いと言えるでしょう。

愛犬家 コノ
このような完全無添加フードは高級ドッグフードの中でも多く存在しません。アランズならではの魅力です。

②9種類の原材料のみで有害な食材を一切使用していない

9つの食材特徴・役割
ラム肉
良質なグラスフェッドラム肉を使用。
カルチニンによる脂肪燃焼効果。
鉄分による貧血予防に最適。
サツマイモ
豊富な食物繊維による整腸作用。
レンズ豆、そら豆、ひよこ豆
生命維持に欠かせないタンパク質や健康維持に欠かせないミネラル類の補給源。
ベジタブル・ハーブミックス
太陽の光をたっぷり浴びて育ったハーブ・野菜を使用。
独自のブレンドでビタミン・ミネラルの補給源になる。
亜麻仁(アマニ)
オメガ3必須脂肪酸による皮膚や毛並みの健康維持。
リノレン酸による関節炎の予防。
えんどう豆繊維
豊富な食物繊維により腸内環境をサポート。
ビール酵母
豊富なアミノ酸やビタミンB群により免疫力向上・疲労回復効果。
酵母菌の発酵臭によりワンちゃんの食欲アップ効果。

上記の表のように、アランズは9種類の食材のみで作られており、有害な食材を一切使用されていません。

有害な食材とは例として以下のようなものが挙げられます。

有害な食材の例

  1. 4Dミート(死んだ動物の肉など)
  2. チキンミール
  3. 動物性油脂
  4. ビートパルプ

上記のような食材は安価なドッグフードに含まれていることが多く、注意した方が良いと言われている原材料です。

特に4Dミート(死んだ動物の肉や病気の動物の肉など)を使用しているフードは品質が大変悪く、腐敗を防ぐために大量の薬品を使用している可能性あり、ワンちゃんに悪影響となります。

ですが、アランズの原材料を見ると、このような危険な食材は一切使用されていません。

自然の中で育った天然食材のみで作られており、トウモロコシやコーングルテンのようなカサ増し食材も使用されていないので、安全性・品質がかなり高いと言えます。

愛犬家 コノ
多くのドッグフードは主原料の含有量を明記していないため、実際にどのくらい使用しているのか?が分かりません。

ですが、アランズは主原料の含有量(40%)をしっかりと明記されているので、その点も大変良心的です。

アランズナチュラルフード 公式サイト

③AAFCO(アフコ)の定める成犬の栄養基準を満たしている

アランズの成分値

  • 粗タンパク質  22.0%
  • 脂質      13.0%
  • 粗繊維     6.5%
  • 粗灰分     7.5%
  • 水分      8.0%
  • NFE      43.0%
  • リン      0.84%
  • カルシウム   1.37%
  • オメガ3脂肪酸  1.31%
  • オメガ6脂肪酸  1.47%
  • カロリー    342kcal/100g

上記はアランズの成分値・カロリーであり、アランズはAAFCO(アフコ)の定める栄養基準をしっかりと満たしています。

AFFCOの定める栄養基準

  • タンパク質:幼犬22.5%以上、成犬18%以上
  • 脂質:幼犬8.5%以上、成犬5.5%以上

参考元:AAFCO 栄養基準に基づく成分分析一覧表(ドライフード)

AAFCO(アフコ)とは、ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を制定しているアメリカの団体のことを言います。

日本のペットフードもAAFCOの栄養基準を採用しており、この栄養基準を満たしていれば「毎日主食として与えても良いドッグフード」です。

成分値を確認するとアランズは成犬の栄養基準に達しているので、与え続けて栄養不足になることがありません。

反対に、栄養基準を満たしていないフードは多くあるので、そのようなフードを与え続けると栄養が偏る恐れがあるので注意しましょう。

AAFCO(アフコ)の定める栄養基準を満たしていることは、アランズが安心して与えることができる理由の一つと言えるでしょう。

愛犬家 コノ
アランズはタンパク質量やカロリーが低めのフードなので、成犬やシニア犬・ダイエット犬に特にオススメですよ。

④獣医師・栄養士・植物学者の協力のもと開発されている

アランズナチュラルドッグフードはイギリスの田舎町に住むアラン・クリーザーさんが開発されたドッグフードです。

アランさんは愛犬の体調維持を願ってレシピを考案し、獣医師・栄養士・植物学者の方々にも協力をお願いし開発されました。

獣医師がオススメしているドッグフードは多くありますが、獣医師も一緒に協力して作られたドッグフードは大変珍しく、安心材料の一つです。

また、アランズの製造会社(ナチュラルドッグフード社)には「ペットの健康にまつわる専門知識を持ったスタッフ」が多数在籍されています🔽

スタッフが保有している資格例

  • ペット栄養管理士
  • 愛玩動物飼養管理士
  • ドッグトレーナー
  • 認定動物看護師
  • ホリスティックケアカウンセラー

上記のような専門知識を持つ有資格者が多数在籍されているので、どんな小さな疑問があっても質問や相談をするとすぐに対応してくれますよ。

購入後のケアをしっかりとしてくれるのは、飼い主さんにとって大変安心ですよね。

愛犬家 コノ
これらの安心材料により、アランズは今ではイギリスで10年以上も愛され続けている豊富な実績・信頼のあるドッグフードなんです。

⑤厳しい原材料チェック・品質テストのもと製造されている

アランズナチュラルドッグフード

アランズはペット先進国のイギリスで製造されています。

このペットフード専門工場は欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準をクリアした工場です。

原材料チェックや品質テストを徹底されているため、生産工場の安全性も問題なく高いと言えるでしょう。

アランズナチュラルフード 公式サイト

アランズナチュラルドッグフードの4つの不安点・疑問点

不安点・疑問点

  1. アレルギーの心配はしなくても良いの?
  2. グレインフリーは良いことなの?
  3. 子犬やシニア犬でも食べられる?
  4. フードの香りが強いけど、香料を使用してるんじゃないの?

上記のような不安点・疑問点について詳しく解説していきますね。

①アレルギーの心配はしなくても良いの?

アレルギーに関してはワンちゃんの体質によって異なるのですが、アランズは比較的アレルギーが起きにくいドッグフードです。

アレルギーが起きにくい理由

  1. アレルゲンになりやすい肉類(鶏肉・牛肉・豚肉)を使用していない。
  2. アレルゲンになりやすい小麦や穀物を使用していない。
  3. 添加物や農薬によるアレルギーリスクも一切ない。

アランズでは鶏肉や牛肉・豚肉などのアレルゲンになりやすい食材を使用せず、アレルゲンになりにくいラム肉(羊肉)を使用されています。

特に鶏肉アレルギーのワンちゃんは多いので、そのような子にはラム肉を主原料としたアランズは適していると言えます。

また、ワンちゃんの中には小麦や穀物アレルギーの子が多いですが、アランズは小麦・穀物も使用されていません。

トウモロコシや小麦などのアレルギーがある子にもアランズは適していると言えるでしょう。

そして、前述したようにアランズは添加物を一切使用せず、天然食材のみで作られています。

添加物によってアレルギーを引き起こす子もいますが、アランズは添加物によるリスクが一切ありません。

この「ラム肉使用」「穀物不使用」「添加物不使用」の3つの点から、アランズはアレルギーが起きにくいドッグフードと言えます。

愛犬家 コノ
ただ、どんな食材でもアレルギーのリスクはあるので、アレルギーを引き起こす可能性はゼロではありません。

そのため、最初は少しずつ与えて愛犬の様子を観察しましょうね。

②グレインフリーは良いことなの?

「グレインフリーだから良い・悪い」というものはありません。

「犬は穀物は消化できない」と言われることがありますが、祖先のオオカミに比べて、今のワンちゃんは穀物に対する消化能力が発達しています。

そのため、犬もしっかりと加熱調理された穀物であれば消化することができ、「グレインフリーでないとダメ」というわけではないんです。

ただ、先ほどお伝えしたように、グレイン(穀物)アレルギーのワンちゃんは多いため、「アレルギーのリスクを抑えたい」という方には、穀物不使用のアランズは適していると言えますよ。

愛犬家 コノ
また、肉類に比べると、ワンちゃんにとって穀物が消化しにくい食材であることに変わりはありません。

そのため、愛犬の胃腸への負担が心配な方にとっても、消化吸収の良いアランズはオススメできるドッグフードです。

③子犬やシニア犬でも食べられる?

アランズは栄養素が豊富に含まれているため、子犬やシニア犬にも与えることができます。

後述しますが、アランズには関節予防の成分が含まれているので、足腰の弱いシニア犬には大変オススメですよ。

また、アランズは全犬種に必要な栄養素を満たすよう作られているため、小型犬・中型犬・大型犬のどのワンちゃんにも与えることが可能です。

④フードの香りが強いけど、香料を使用してるんじゃないの?

口コミを確認すると「フードの香りが強い」という声がいくつか見られます。

中には「人工香料を使ってるんじゃないの?」と疑われる方もいらっしゃいますが、アランズの香りは自然そのものの天然素材の香りです。

ラム肉や酸味のあるビール酵母、ハーブの香りであり、これらの香りはワンちゃんの食いつきアップにも繋がり、健康上に全く問題ありません。

愛犬家 コノ
むしろ、フードの自然の香りは天然食材を使用している証と言えます。

アランズナチュラルフード 公式サイト

原材料に3つのこだわりがあるアランズナチュラルドッグフード

アランズの原材料

ラム肉40%(生ラム肉25%、乾燥ラム肉10%、ラムオイル4%、ラムグレイビー1%)、サツマイモ、レンズ豆、そら豆、ひよこ豆、ベジタブル・ハーブミックス、亜麻仁(アマニ)、えんどう豆繊維、ビール酵母

アランズは原材料にとことんこだわったドッグフードであり、自然の中で育まれた原材料だけで作られています。

上記の原材料の中でも特にこだわりのある食材は以下の3つです。

こだわり食材役割
ラム肉
良質なグラスフェッドラム肉を使用。
カルチニンによる脂肪燃焼効果。
鉄分による貧血予防に最適。
亜麻仁(アマニ)
オメガ3必須脂肪酸による皮膚や毛並みの健康維持。
リノレン酸による関節炎の予防。
ビール酵母
豊富なアミノ酸やビタミンB群により免疫力向上・疲労回復効果。
酵母菌の発酵臭によりワンちゃんの食欲アップ効果。

以下で分かりやすく解説していきますね。

①低カロリーで脂肪燃焼効果が高い!良質な「グラスフェッドラム肉」を使用

アランズナチュラルドッグフード

アランズは主原料に自然の中で育った良質な「グラフフェッドラム肉」を使用されています。

グラフフェッドとは牧草の餌を与えられた動物のことであり、ラム肉とは生後1年未満の子羊肉のことを言います。

つまり、アランズは「ストレスのない放し飼いで良質の草を食べて育った子羊」の良質なお肉を主原料とされているので、品質が大変高いです。

ドッグフードには鶏肉や馬肉、鹿肉などを使用していることがありますが、ラム肉を使用しているフードは大変珍しく、ラム肉は健康効果が高いため近年では注目も集めています。

低カロリーで脂肪燃焼効果が高く、体内で合成ができない必須アミノ酸や、血圧低下作用のある不飽和脂肪酸、肌に良いとされるビタミンB1・B2など、とにかく栄養素が豊富です。

愛犬家 コノ
「ラム肉以外のお肉にアレルギーがあるワンちゃん」や、「ラム肉の栄養素を愛犬に摂取させたい」という方は、アランズは大変オススメと言えるでしょう。

②脂肪酸が含まれるスーパーフード!「亜麻仁(アマニ)」

亜麻仁

亜麻仁の栄養素の役割

  • α-リノレン酸:血液をサラサラにし動脈硬化や高血圧の予防。
  • リグナン:炎症を和らげるための抵抗力を高めてくれるため、関節炎の痛みに対処ができる。
  • 食物繊維:整腸作用

亜麻仁(アマニ)とはアマという植物の花の種子のことを言います。

亜麻仁には健康増進に役立つ「必須脂肪酸のα-リノレン酸」や「リグナン」「食物繊維」など、その豊富な栄養価から"スーパーフード"と呼ばれるほどの食材です。

亜麻仁の栄養素には動脈硬化や関節炎予防、整腸作用のような役割があり、この3つの主要成分により愛犬の健康維持をサポートしてくれます。

愛犬家 コノ
亜麻仁は関節のサポートをしてくれる働きがあるので、「関節炎を患っているワンちゃん」や「足腰が弱いシニアのワンちゃん」に効果が期待できますよ。

③10種類の必須アミノ酸が含まれる天然のサプリメント!「ビール酵母」

ビール酵母

ビール酵母の栄養素の役割

  • 10種類の必須アミノ酸:肌質や毛艶が良くなる効果。
  • ビタミンB群:新陳代謝を活発にして基礎代謝をあげる効果。
  • ミネラル:骨を作る材料、血液循環の調整をする効果。
  • 食物繊維:腸内環境を整える効果。

ビール酵母とは、「ビール造りの際に加えた酵母(微生物)が沈んだものをろ過して乾燥させたもの」のことです。

ビール造りの役目を終えて取り除かれた「ビール酵母」は栄養がたっぷりと含まれているため「天然のサプリメント」とも呼ばれています。

ビール酵母の主要な成分はアミノ酸であり、犬の体内で作ることができない10種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

必須アミノ酸は代謝を促進してエネルギーを作り出す大切な栄養素であり、筋肉増強や疲労回復効果、肌質や毛艶が良くなる効果が期待できますよ。

また、ビタミンやミネラル、食物繊維など様々な栄養素が含まれているので、ワンちゃんの健康維持や整腸作用の効果も見込めますね。

愛犬家 コノ
嗅覚が優れているワンちゃんにとって、ビール酵母の香りがするアランズは食欲増進も期待できます。

アランズナチュラルフード 公式サイト

アランズナチュラルドッグフードを与えて期待できる4つの効果

ポイント

  1. 食いつきアップ。
  2. ダイエット。
  3. アレルギーの改善・予防。
  4. 毛並み・毛艶の改善

アランズは様々な栄養素がありますが、与えることで主に上記の4つの効果が期待できます。

すでにご紹介したものもありますが、ひとつずつ簡単に解説していきますね。

①ラム肉やビール酵母の香りで「食いつきアップ」

前述したように、アランズにはラム肉やビール酵母など独自の食材が使用されています。

高品質でフレッシュなラム肉の香りは食いつきアップが期待できるので、チキンが苦手なワンちゃんにも試しに与えられてみてください。

また、ビール酵母の独特な発酵臭もワンちゃんの食欲を刺激する香りなので、その点も踏まえるとより食いつきアップが期待できます。

「フードの食いつきが悪い子」「食いつきにムラがある子」であれば、一度試してみる価値のあるドッグフードと言えますね。

実際に、販売会社が行った46名に対するユーザーアンケートによると、95.7%の方々が「愛犬の食いつきが良い」と回答されたようです。

インスタやツイッターを見ても「食べてくれる」という声が大変多いです。

愛犬家 コノ
私も愛犬に与えていますが、毎日喜んで食べてくれてますし、市販のドッグフードよりも間違いなく食いつきが良いので大変オススメです。

②低脂肪なラム肉の脂肪燃焼効果で「肥満予防・改善」

アランズはカロリーが100gあたり342kcalと低めであり、ラム肉は肉類の中でも低脂肪な特徴があります。

また、ラム肉に含まれる「L-カルチニン」や「不飽和脂肪酸」は、脂肪燃焼効果や血中コレステロール値を下げる効果があるため、脂肪を効率よく分解してくれます。

他にも、アランズは血糖値を上げやすい高GI値食品(白米、じゃがいも、人参など)を一切使用されていません。

高GI値食品は糖尿病や肥満の原因になりやすい食材ですが、アランズではそのような高GI値食品を使用せず、消化に良い食材だけで作られています。

これらの点から、与え続けることでダイエット効果や肥満予防が期待できますよ。

③9種類のシンプルな食材で「アレルギーの改善・予防」

アランズはアレルギーの原因になりやすい食材を一切使用されていません。

アレルギーになりやすい食材

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 小麦
  • 大豆
  • トウモロコシ

上記のような食材を一切使用せず、使用している食材は9種類のみと、アレルギー犬のためにとにかく配慮して作られています。

アレルギーのあるワンちゃんであれば、一度試す価値のあるドッグフードと言えます。

④高品質なタンパク質により「毛艶・毛並みの改善」

ワンちゃんのパサパサの毛並みはタンパク質不足が原因であることが多いです。

犬の被毛はタンパク質で構成されているからです。

ですが、アランズは良質なラム肉を40%も使用しているので、十分な量の高品質な動物性タンパク質を摂取することができます。

また、ラム肉は被毛の健康維持に欠かせない不飽和脂肪酸が含まれていたり、アランズには毛艶が良くなる効果がある「ビール酵母」も含まれています。

毛並み・毛艶改善効果のある成分が豊富に含まれているため、愛犬に与え続けることでツヤツヤの毛並みになっていくことが実感できるでしょう。

愛犬家 コノ
アランズは整腸作用があり、穀物を使用していない消化に良いフードなので、結果的に軟便涙やけ口臭の改善にも効果が期待できますよ。

アランズナチュラルフード 公式サイト

まとめ

まとめ

  • アランズは添加物や有害な食材が一切不使用なので安心。
  • 9種類のみのシンプルな天然食材のみで作られている。
  • イギリスの厳しい品質基準のある工場で製造されている。
  • アレルギーになりやすい食材(牛肉や豚肉、鶏肉や穀物など)を一切不使用なので安心。
  • 全犬種・全年齢のワンちゃんに与えることが可能。
  • 与えることで食いつきアップ、ダイエット、アレルギー改善、パサパサの毛艶の改善に効果的。

アランズナチュラルドッグフードは、添加物を一切使用していない「完全無添加フード」なので、一般的に「無添加」と呼ばれるフードよりも安心できるドッグフードです。

添加物だけでなく有害な食材も一切使用されていないですし、ペット先進国イギリスの厳しい原材料チェック・品質テストのもと製造されているので安全性・品質が高めです。

また、低脂肪なラム肉を主原料としているため、牛肉や鶏肉などに比べアレルギーのリスクが低く、穀物も不使用なのでアレルギー犬への配慮をとにかく徹底されています。

ラム肉は脂肪燃焼効果があったり、貧血予防などにも効果的な健康食材なので、鶏肉以外の肉を使ったフードをお探しであれば、アランズは大変オススメですよ。

愛犬家 コノ
アランズは無添加フードの中でも、比較的価格がリーズナブルなのでその点も魅力です。

愛犬のアレルギーや肥満、毛艶などでお悩みであればぜひ試されてみてくださいね。

アランズナチュラルフード 公式サイト

アランズナチュラルフードの口コミ・体験レポートについてコチラの記事でご紹介しています。

アランズナチュラルドッグフード
アランズナチュラルドッグフード・ラムをお試しした僕の口コミ評価!成分や評判も紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コノ

はじめまして。チワワと共に暮らす「コノ」と申します。このサイトでは、実際に試して分かったオススメのドッグフードをご紹介しています。書籍やインターネット、インタビューを通じて今までに100以上のドッグフードを調査しました。実際に数多くのドッグフードを試した僕が犬種・年齢・悩み別にドッグフードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-アランズナチュラルドッグフード

© 2021 ドッグフードの部屋 Powered by AFFINGER5