モグワン

モグワンとロイヤルカナンの違いを徹底比較!おすすめなのはどっち?原材料や値段など

モグワン ロイヤルカナン 比較

「モグワンとロイヤルカナンの違いを知りたい!」

「モグワンとロイヤルカナンはどっちが愛犬に合うんだろう??」

「モグワンとロイヤルカナン、それぞれにおすすめな犬を知りたい!」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

イギリス産の大人気ドッグフード「モグワン」とペットフードメーカーの中でも販売数が多くて有名な「ロイヤルカナン」。

どちらも有名なドッグフードですが、「この2つのドッグフードにはどんな違いがあるのか?」分からずにあなたも悩んでいるのではないでしょうか?

ここでは、そんなモグワンとロイヤルカナンの原材料や成分、値段、粒サイズなど様々な比較をしてみました。

【この記事を読むと分かること】

モグワンとロイヤルカナンの特徴の違い

モグワンとロイヤルカナンの原材料や成分の違い

モグワンとロイヤルカナンの値段の違い

モグワンとロイヤルカナンの粒サイズの違い

モグワンとロイヤルカナンの口コミ評判

比較して分かったモグワンがおすすめな犬・人

比較して分かったロイヤルカナンがおすすめな犬・人

愛犬家 コノ
「モグワンとロイヤルカナンにはどんな違いがあるんでしょうか?」と当サイトにお問い合わせがあったので、本記事を作成いたしました。

今までに100個以上のドッグフードを調べ、日々書籍や論文で犬の健康について勉強をしている僕が徹底解説していきますね。

今日もよろしくお願いします♪
コムギ 3歳

\最安値でご購入はこちら/

おすすめ
モグワンドッグフード 口コミ評判
モグワンドッグフードを愛犬に試した僕の口コミ評価!悪い評判が多いけど大丈夫?

続きを見る

モグワンとロイヤルカナンの特徴を比較

まず、モグワンとロイヤルカナンの特徴を比較してみました🔽

モグワンロイヤルカナン
原産国イギリス韓国・フランス
フードタイプドライフードドライフード/ウェットフード/リキッド
対応犬種・年齢生後2ヶ月以降・全犬種全犬種・全年齢
商品数1商品のみ豊富
目的総合栄養食総合栄養食/食事療法食/栄養補完食

モグワンはイギリス原産のドッグフード

モグワンは欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準をクリアしているイギリスの工場で製造されています。

以前までは生後4ヶ月以降の犬に対応していましたが、2020年1月にリニューアルしてからは生後2ヶ月以降の全犬種のわんちゃんに対応となりました。

商品数は1商品のみですが、総合栄養食の基準を満たしているので、モグワンと新鮮な水があればそれだけで犬の1日に必要な栄養を摂取することができます。

ロイヤルカナンは韓国・フランス原産のドッグフード

ロイヤルカナンは韓国・フランス原産のドッグフードで、原材料の調達から販売まで全て管理されています。

工場は環境マネジメントシステムの国際標準規を取得しているので、安全性については問題ないと判断できます。

モグワンと違う点としては、ロイヤルカナンは商品数が大変豊富なことです。

正直、どれを選んだらいいか悩んでしまうほど沢山の種類があり、モグワンとはコンセプト自体が違うという印象を受けましたね。

ロイヤルカナンは総合栄養食のフードだけでなく、食事療法食や栄養補完食などにも力を入れているからです。

ただ、種類が豊富ということは愛犬の体調などに合わせることができるメリットがあります。

特徴を分析して分かったこと

  • 生産工場の品質管理はどちらも問題ない。
  • 素材にこだわったフードを与えたいならモグワン
  • 愛犬の体調に合わせてフードを与えていきたいならロイヤルカナン

モグワンとロイヤルカナンの原材料を比較!優秀なのはどっち?

次にモグワンとロイヤルカナンの原材料を比較してみました。

ロイヤルカナンは種類が豊富なので、今回はドライフードタイプの「ミニ インドア アダルト」とモグワンの比較です🔽

モグワンロイヤルカナン
主原料チキン&サーモン56%米、肉類(鶏、七面鳥)とうもろこし
その他の原材料サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌動物性脂肪、植物性分離タンパク*、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、大豆油、植物性繊維、酵母および酵母エキス、魚油(EPA/DHA源)、フラクトオリゴ糖、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、DL-メチオニン、L-アルギニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、Ca、Na、Mg、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B1、B2、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル
添加物の有無なし(合成ビタミン・ミネラルのみ添加)保存料、酸化防止剤
特徴①チキンとサーモンが主原料
②穀物不使用(グレインフリー)
①米と肉類、とうもろこしが主原料

※ロイヤルカナンは室内飼いの小型犬向けに作られたミニ インドア アダルト(10ヵ月齢以上=成犬用)」で比較しています。

モグワンはチキンとサーモンをたっぷりと使用した高品質ドッグフード

モグワンは主原料に新鮮なチキンとサーモンを全体の56%も使用しているドッグフードです。

主原料のお肉の配合割合を詳しく公表している点も良心的ですし、モグワンの原材料は人間用の食品工場で加工出荷した原料のみを使用しています。

また、合成保存料や着色料などの添加物を使っていない点も安心できますね。

モグワンはチキンやサーモンだけでなく、野菜や果物も含まれているので、肉・魚・野菜・果物をバランスよく摂取することができます。

モグワンはどのサイトでも1位として紹介されていることが多いので、逆に「怪しい」と感じてしまう人も多いですが、原材料を分析すると、純粋に「良いドッグフード」と言えますよ。

愛犬家 コノ
モグワンには関節サポート成分が3種類(グルコサミン・コンドロイチン・MSM)含まれているので、シニア犬にも推奨できます。

ロイヤルカナンはモグワンに比べるとやや品質が劣っている

ロイヤルカナンは、モグワンに比べるとやや品質は劣ります。

まず、主原料には肉だけでなく、カサ増し食材として使われることが多い「米」「トウモロコシ」が使われています。

犬は動物性タンパク質の摂取が大切なので、米やトウモロコシが多く使われていると、消化に負担をかけたり、肥満の原因にもなります。

また、モグワンと違って主原料の配合比率が記載されていないので、肉よりも穀物を多く使っている可能性もあります。

それと、どんな動物から採取した脂肪なのか?が不明な「動物性油脂」も使われているので、もう少し説明があれば安心できるのになと感じました。

基準値を超えていないとはいえ、保存料や酸化防止剤も使用されているので、モグワンよりも品質は劣っていると言えるでしょう。

原材料を分析して分かったこと

  • モグワンはチキンとサーモンを使った品質に文句のないドッグフード。
  • ロイヤルカナンは米・鶏・七面鳥・とうもろこしを使ったドッグフード。
  • ロイヤルカナンは添加物が使われていて、モグワンより品質はやや劣る。
  • 品質の良いドッグフードを与えたいならモグワンがおすすめ

モグワンとロイヤルカナンの栄養成分を比較!バランスが良いのはどっち?

次は、モグワンとロイヤルカナンの栄養成分を比較しました🔽

モグワンロイヤルカナン
タンパク質30%19%
脂質12%12%
粗繊維3%3%
粗灰分8%6.7%
水分8%9.5%
オメガ3脂肪酸1.18%-
オメガ6脂肪酸1.63%-
カロリー363kcal/100g378kcal/100g

※ロイヤルカナンは、室内飼いの小型犬向けに作られた「ミニ インドア アダルト(10ヵ月齢以上=成犬用)」で比較しています。

モグワンは高タンパク質・低脂質のドッグフード

モグワンはタンパク質が30%、脂質が12%と高タンパク質・低脂質と言えるドッグフードです。

新鮮なチキンやサーモンがたっぷりなので良質な動物性タンパク質を摂取でき、タンパク質は犬の健康に最も大切な栄養成分です。

また、モグワンにはサーモンとサーモンオイルが使われているので、オメガ3・6脂肪酸を摂取することもできます。

特にオメガ3脂肪酸は犬にとって不足しやすい成分であり、摂取することで犬の被毛や脳、関節などの健康維持に役立ちますよ。

食べ物に含まれていることが少ないオメガ3脂肪酸をドッグフードで摂取できるのは、モグワンの魅力と言えるでしょう。

愛犬家 コノ
モグワンはイギリス産ですが、日本の会社と共同開発して作られたドッグフードであり、日本の犬向けに栄養成分を考えて作られているんです。

ロイヤルカナンはタンパク質が控えめのドッグフード

モグワンがタンパク質30%に比べると、ロイヤルカナンは19%とやや低めのタンパク質量です。

ロイヤルカナンの栄養価は控えめなので、モグワンの栄養バランスに比べるとやや劣っていると言えますね。

ロイヤルカナンは様々な商品があるので一概には言えませんが、子犬は成長する時期なので栄養価の高いドッグフードを推奨します。

また、シニア犬にとってもタンパク質は筋肉量を維持するために大切なので、子犬やシニア犬にはロイヤルカナンよりもモグワンの方が推奨できますよ。

カロリーもモグワンの方が低く、モグワンで使われているサーモンには脂肪燃焼効果もあるので、肥満対策ができます。

愛犬家 コノ
全ての犬にモグワンの方が良いとは言えませんが、どちからで悩んだ場合はモグワンを選ぶ方が健康維持に役立つかと思います。

成分を分析して分かったこと

  • モグワンは高タンパク質・低脂質のドッグフード。
  • モグワンにはオメガ3・6脂肪酸も含まれている。
  • ロイヤルカナンはタンパク質量が低め。
  • 肥満犬には脂肪燃焼効果が期待できるモグワン
  • タンパク質の制限がある犬にはロイヤルカナン
  • 迷ったときは栄養バランスが優秀なモグワンがおすすめ

モグワンとロイヤルカナンの値段を比較!安いのはどっち?

次はモグワンとロイヤルカナンの値段を比較しました🔽

モグワンロイヤルカナン
お試し価格なし。なし。
通常価格3,980円(1.8kg)
100gあたり:221円
3,186円(2kg)
100gあたり:159円
定期価格3,564円(1.8kg)
100gあたり:198円
なし。

値段はモグワンの方がやや高め

ロイヤルカナンと比べたところ、モグワンは1.8kgで3,980円なので、値段はやや高めです。

モグワンは品質は高いですが、長く与え続ける場合は予算を考えた上で購入した方が良いでしょう。

ただ、モグワンには定期コースがあります。

定期コースを利用すればモグワンを10〜20%OFFで購入でき、まとめ買いをすると送料も無料にすることができます。

定期コースはいつでも解約ができるので、1袋だけ購入する場合でも定期コースの利用をおすすめします。

愛犬家 コノ
僕は高品質なドッグフードを沢山調査していますが、モグワンはプレミアムドッグフードの中では比較的リーズナブルな値段ですよ。

モグワンよりロイヤルカナンは値段が安い

ロイヤルカナンは2kgで3,186円なので、モグワンに比べて値段が安いです。

ロイヤルカナンはモグワンより品質は劣りますが、安全性・品質に大きな問題はありません。

「コスパの良いドッグフードが良い」と言う場合は、ロイヤルカナンが適していると言えるでしょう。

愛犬家 コノ
ロイヤルカナンは通販サイトだけでなく、ホームセンターなどでも販売されています。

店頭で購入したい人にもロイヤルカナンがおすすめです。

値段を比較して分かったこと

  • モグワンよりもロイヤルカナンの方が値段が安い。
  • ただ、高級ドッグフードの中ではモグワンは比較的リーズナブルな値段。
  • とにかくコストを抑えたい人にはロイヤルカナンがおすすめ。
  • 多少コストがかかっても品質の高いフードが良いならモグワンがおすすめ。

モグワンとロイヤルカナンの粒サイズを比較!

次に、モグワンとロイヤルカナンの粒サイズを比較してみました🔽

モグワンロイヤルカナン
粒画像モグワンドッグフードロイヤルカナン 粒画像
粒サイズ約0.8〜1cm約1cm
形状ドーナツ型三角型
香り肉や魚、ハーブの香りスナック菓子のような香り
感触ザラッとしているやや油っぽい

※ロイヤルカナンは、室内飼いの小型犬向けに作られた「ミニ インドア アダルト(10ヵ月齢以上=成犬用)」で比較しています。

モグワンはドーナツ型の小粒サイズ

モグワンもロイヤルカナンも小粒サイズですが、モグワンは形がドーナツ型をしています。

ドーナツ型は真ん中に穴が空いているので、顎の力が弱い子犬やシニア犬に噛み砕きやすい特徴があります。

また、モグワンは僕も購入しているのですが、粒はザラッとしていて、肉や魚、ハーブが合わさったような少し酸味のある香りがしますよ。

個人差はある思いますが、僕は臭いとは感じず、良い香りだなと思いました。

犬にとって肉や魚は大好物なので、食いつきが期待できるのもモグワンです。

愛犬家 コノ
粒サイズに関してデメリットがあるとすれば、モグワンは1種類しかないので、大きい粒が好きな犬にはやや不向きと言えますね。

ロイヤルカナンは三角型の小粒サイズ

ロイヤルカナンは粒サイズが約1cmなので、モグワンよりも少し大きい印象を受けました。

三角形のような形をしていて、厚みはモグワンと同じぐらいなので、比較的食べやすいドッグフードかと思います。

香りに関しては「臭い」と感じる人もいるようですが、「スナック菓子のような匂いがする」という人もいて、個人差があるようですね。

ただ、モグワンと違って粒はやや油っぽい特徴があるので、油っぽいフードが苦手な場合はロイヤルカナンは不向きかもしれません。

愛犬家 コノ
ロイヤルカナンは商品数が豊富なので、種類によっては形状が三角形以外の商品も販売されています。

粒を比較して分かったこと

  • モグワンもロイヤルカナンも小粒サイズ。
  • モグワンは噛み砕きやすい形状のドーナツ型。
  • ロイヤルカナンの形状は三角型で、やや油っぽさがある。
  • 油っこい感触が苦手な人にはモグワンがおすすめ
  • 食いつきが期待できるのは肉や魚の香りがするモグワン
  • ロイヤルカナンには三角型以外のフードもある。

モグワンとロイヤルカナン、評判が良いのはどっち?

モグワンロイヤルカナン
amazonの評価スター アイコン(3.8)スターアイコン(4.2)
楽天市場の評価スター アイコン(4.0)スターアイコン(4.6)
インスタ、
ツイッター
スターアイコン(4.5)スターアイコン(4.5)

amazonや楽天市場、インスタグラム、ツイッターなど様々な口コミを調べたところ、評判はどちらも高い評価があります。

ただ、ドッグフードは相性があるので、犬によっては「食べてくれない」「下痢になった」というような口コミはどちらにも見られました。

口コミ評価は安心材料の一つになりますが、あくまでも参考程度にしておきましょうね。

amazonや楽天市の評価でいうと、ロイヤルカナンの方が高い評価がありますよ。

愛犬家 コノ
インスタグラムやツイッターでは、どちらも高い評価がありました。

ドッグフードは相性があるので、あとはあなたの愛犬に合うかどうか?ですね。

モグワンとロイヤルカナンの違いを徹底比較【まとめ】

合う商品
素材にこだわったフードを与えたい人モグワン
愛犬の体調に合わせてフードを選んでいきたい人ロイヤルカナン
穀物アレルギーの犬モグワン
肥満犬モグワン
子犬・シニア犬モグワン
コストを抑えたい人ロイヤルカナン
小粒が苦手な犬ロイヤルカナン
栄養バランスが優秀なフードモグワン
食いつきが期待できるフードモグワン

今回、モグワンとロイヤルカナンを比較しました。

モグワンはプレミアムドッグフードに値する商品なので、品質だけでいうとモグワンに匹敵するドッグフードは少ないです。

モグワンは様々なランキングで1位なので逆に心配になる方もいらっしゃいますが、純粋に「良いドッグフード」なので、僕はオススメできるドッグフードだなと感じました。

ロイヤルカナンはプレミアムフードではなく、様々な犬の状況に合わせて商品を多く取り扱われているので、犬の状況によってはロイヤルカナンが適している場合もあります。

また、ロイヤルカナンの方が値段も安いので、コストを抑えたい人にもロイヤルカナンが適していますよ。

愛犬家 コノ
どちらかで迷う場合は、モグワンの方が食いつきが期待でき、健康維持に役立つ成分も豊富なので推奨します。

ただ、相性があるので、まずは1袋だけ購入して愛犬との相性を確かめてあげてください。

\最安値でご購入はこちら/

 

おすすめ
モグワンドッグフード 口コミ評判
モグワンドッグフードを愛犬に試した僕の口コミ評価!悪い評判が多いけど大丈夫?

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コノ

はじめまして。チワワと共に暮らす「コノ」と申します。このサイトでは、実際に試して分かったオススメのドッグフードをご紹介しています。書籍やインターネット、インタビューを通じて今までに100以上のドッグフードを調査しました。実際に数多くのドッグフードを試した僕が犬種・年齢・悩み別にドッグフードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-モグワン

© 2021 ドッグフードの部屋 Powered by AFFINGER5