モグワン

モグワンとファインペッツはどっちが良い?特徴や原材料、粒サイズなど違いを徹底比較

モグワン ファインペッツ

「モグワンとファインペッツはどっちが良いの?」

「モグワンとファインペッツの違いを知りたい!」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

イギリス産の「モグワン」とオランダ産の「ファインペッツ」。

どちらも安全性が高いドッグフードですが、「この2つにはどんな違いがあるの?」と分からずに悩んでしまう方もいらっしゃいますよね。

そこで本記事では、モグワンとファインペッツの特徴や価格、栄養成分などを徹底比較しました。

【この記事を読むと以下のことが分かります】

  • モグワンとファインペッツの違い
  • モグワンに合う犬
  • ファインペッツに合う犬
愛犬家 コノ
「モグワンとファインペッツの違いを知りたい!」というお問い合わせがあったので、この記事を作成いたしました。

今までに100個以上のドッグフードを調べ、日々書籍や論文で勉強をしている僕が徹底的に検証していきますね。

今日もよろしくお願いします♪
コムギ 3歳

\最安値はこちら/

▼モグワンの口コミはこちら▼

モグワンとファインペッツの特徴を比較

モグワンファインペッツ
特徴・イギリス産
・全犬種・全年齢
・総合栄養食
・ドライフード
・チキン・サーモンが主原料
・穀物不使用
・オランダ産
・全犬種・全年齢
・総合栄養食
・ドライフード
・鹿肉・鶏肉・オートミールが主原料

モグワンはイギリス原産のドッグフード

モグワンはイギリス原産の全犬種・全年齢に対応したドッグフードです。

商品数は1商品のみですが、総合栄養食の基準を満たしているので、モグワンと新鮮な水があればそれだけで犬の1日に必要な栄養を摂取することができます。

また、生産工場は欧州ペットフード工業会連合の厳しい基準をクリアしているので、品質管理は徹底されています。

粗悪な原料を使わず、原材料の品質にもこだわっているので、安全性や品質は高いプレミアムドッグフードと言えるでしょう。

ファインペッツはオランダ原産のドッグフード

ファインペッツはオランダで製造されていますが、フードの開発は日本の株式会社エブリワンズが行っています。

日本の飼い主さんの考えを大切にして作られたドッグフードであり、HACCP準拠の設備を持つクリーンな設備で製造されています。

モグワンと同様で品質管理を徹底されているので、衛星管理は問題ないと言えるでしょう。

特徴を分析して分かったこと

  • どちらも安全性・品質が高い。
  • モグワンはイギリス産
  • ファインペッツはオランダ産(開発会社は日本)

モグワンとファインペッツの値段を比較

モグワンファインペッツ
お試し価格お試しなし。1,080円(1.5kg)
通常価格3,980円(1.8kg)
100gあたり:221円
3,394円(1.5kg)
100gあたり:226円
定期価格3,564円(1.8kg)
100gあたり:198円
3,394円(1.5kg)
100gあたり:226円
※回数を重ねるごとに割引あり

値段が安いのはモグワン 

モグワンとファインペッツの値段を比較したところ、値段が安いのはモグワンドッグフードです。

モグワンにはお試しがありませんが、定期コースを利用すれば通常価格よりも10〜20%OFFで購入できるので、お得に購入をするなら定期コースをおすすめします。

モグワンもファインペッツも市販のドッグフードに比べると価格は高いですが、その分、栄養価や安全性が高いので、妥当な価格かと思います。

ファインペッツは初回が安い

ファインペッツは1.5kgで3,394円なので、100gあたりで比較するとモグワンよりもわずかに価格が高いことが分かります。

ただ、ファインペッツの場合は初回限定で1.5kgを1,080円で購入できるお試しパックが用意されています。

初回であればモグワンよりも大変安い価格で購入できるので、気軽にお試しがしやすいと言えますね。

また、ファインペッツの定期コースは購入回数を重ねるごとに割引率が高くなってくシステムです。

10回目は10%割引、20回目は20%割引、100回目以降は10回目ごとに100%割引(つまり無料)というお得なコースです。

愛犬家 コノ
もしファインペッツを長く与え続けるのであれば、定期コースがおすすめと言えるでしょう。

値段を分析して分かったこと

  • 値段が安いのはモグワン。
  • 初回限定のお試しパックがあるのはファインペッツ。
  • 安く購入するならどちらも定期コースがおすすめ。

モグワンとファインペッツの商品の詳細を比較

モグワンファインペッツ
画像モグワンドッグフードファインペッツ
粒サイズ直径:0.8cm
形状:ドーナツ型
直径:0.5cm(小粒)
直径:1.2cm(大粒)

形状:丸型
主原料チキン&サーモン53%鹿肉、鶏肉、オートミール
その他の原材料サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、かぼちゃ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%
成分タンパク質17%
脂肪;10%以上
粗繊維:3%以下
粗灰分:8%以下
水分:8%以下
オメガ3脂肪酸:1.18%
オメガ6脂肪酸:1.63%
タンパク質27.1%以上
脂肪;16%以上
粗繊維:4.5%以下
粗灰分:8.2%
水分:8%以下
カロリー363kcal/100g440kcal/100g

体重増加の心配なく与えていくならモグワンドッグフード

モグワンはチキンとサーモンを主原料に、肉・魚・野菜・果物がバランスよく使われています。

穀物が一切使われていないので穀物アレルギーのワンちゃんにも与えることができ、危険な食材や添加物は一切使われていないので安心して与えることができるでしょう。

モグワンは脂質やカロリーがファインペッツに比べて控えめなので、体重増加の心配なく与えていきたいならモグワンがおすすめと言えますよ。

脂肪燃焼効果のあるサーモンもたっぷりと使われているので、肥満対策としてもモグワンは推奨できますね。

少量でしっかりと栄養を摂るならファインペッツ

ファインペッツは100gあたり440kcalなので、高カロリーのドッグフードに分類できます。

高カロリーということはモグワンよりも給餌量は少なめになるので、少量でしっかりと栄養を摂りたい子に向いていますよ。

少食気味の子、体重を増やしたい子にはファインペッツがおすすめと言えるでしょう。

モグワンと同様、ファインペッツも危険な食材や添加物が使われていないので安心して与えていけます。

ただ、穀物は使われているので、穀物アレルギーの子には与えないようにしましょうね。

愛犬家 コノ
ファインペッツは小粒だけでなく大粒サイズもあります。

モグワンには大粒サイズはないので、大きい粒が好きな子にはファインペッツが良いかもしれません。

商品を分析して分かったこと

  • サーモンが好きならモグワン。
  • 穀物アレルギーならモグワン。
  • 肥満気味・ダイエットをしたいならモグワン。
  • 鹿肉が好きならファインペッツ。
  • 大粒が好きならファインペッツ。
  • 少食気味・体重を増やしたいならファインペッツ。

モグワンとファインペッツ極の違い

ファインペッツには商品が2種類あり、「ファインペッツ極」という商品も販売されています。

まずは「ファインペッツ」と「ファインペッツ極」の違いを解説しますね。

「ファインペッツ」と「ファインペッツ極」の違い

ファインペッツファインペッツ極
主原料鹿肉・鶏肉・オートミール
アヒル肉・グリーンピース・鶏脂
穀物使用穀物不使用
タンパク質27.1%36%
脂質16%20%
カロリー440kcal422kcal

上記のように、ファインペッツとファインペッツ極は主原料や穀物の有無、栄養成分が異なります。

ファインペッツ極は栄養価が高く、穀物も使われていません。

その分、価格は高くなりますが、「とにかく愛犬にお肉をたっぷりとたべさせたい」という場合は、ファインペッツ極が適しているでしょう。

ただ、脂質量が高いので肥満気味の子にはファインペッツ極は適していないと言えます。

「モグワン」と「ファインペッツ極」の違い

モグワン ファインペッツ極
主原料チキン&サーモン53%アヒル肉・グリーンピース・鶏脂
穀物不使用不使用
タンパク質27%36%
脂質10%20%
カロリー363kcal422kcal

モグワンとファインペッツ極の違いは、栄養成分が大きく異なります。

上記のように、ファインペッツ極はタンパク質や脂質量、カロリーが大変高いので、肥満犬や太りやすい体質の子には推奨できません。

一方、モグワンは栄養バランスが良いので、子犬からシニア犬まで体型問わず合わせやすいと言えるでしょう。

愛犬家 コノ
ただ、「どちらが良い!」とは一概には断定できないので、愛犬のライフスタイルなどを踏まえて選ぶようにしましょうね。

モグワンとファインペッツの比較【まとめ】

合う商品
サーモンが好きな犬モグワン
鹿肉が好きな犬ファインペッツ
アヒル肉が好きな犬ファインペッツ極
穀物アレルギーの犬モグワン
肉・魚・野菜・果物をバランスよく食べさせたい人モグワン
肥満気味・太りやすい犬モグワン
少食でしっかり栄養を摂りたいファインペッツ
コスパが良いモグワン
低コストでお試しがしたいファインペッツ

今回、モグワンとファインペッツを比較したところ、どちらも品質・安全性は高いことが分かりました。

ただ、原材料や栄養成分、値段などに違いがあるので、あなたの愛犬に適した方を選ぶようにしましょう。

どちらも健康維持には推奨できるので、一概に「こちらがおすすめ」と断定ができません。

簡単に言うと、肥満気味の子にはモグワン、少食気味の子にはファインペッツが適していますよ。

愛犬家 コノ
どちらか?で迷う場合は、肉・魚・野菜・果物が含まれた栄養バランスの良いモグワンがおすすめです。

ただ、相性があるので、まずは1袋だけ購入して愛犬との相性を確かめてあげてくださいね。

\最安値はこちら/

▼モグワンの口コミはこちら▼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コノ

はじめまして。チワワと共に暮らす「コノ」と申します。このサイトでは、実際に試して分かったオススメのドッグフードをご紹介しています。書籍やインターネット、インタビューを通じて今までに100以上のドッグフードを調査しました。実際に数多くのドッグフードを試した僕が犬種・年齢・悩み別にドッグフードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-モグワン

© 2021 ドッグフードの部屋 Powered by AFFINGER5