モグワン

モグワンはオイルコーティングされてるの?コーティングするメリットとデメリット!

モグワン オイルコーティング

「モグワンはオイルコーティングされているの?」

「オイルコーティングは悪いこと?メリット・デメリットを知りたい」

この記事は、そんな方へ向けて書いています。

イギリス産の大人気ドッグフード「モグワン」。

そんなモグワンは「オイルコーティングがされているのか?」、初めてだと分からずに心配になってしまいますよね。

そこで本記事では、ワンのオイルコーティングについて販売元に実際にお問い合わせしたので、その内容をご紹介していきますね。

この記事を読み終えると「オイルコーティングのメリットやデメリット」についても分かりますよ。

愛犬家 コノ
「モグワンはオイルコーティングされているの?」とお問い合わせがあったので、本記事を作成いたしました。

ご参考になると思うので、ぜひご覧ください。

ぜひ最後まで見てね〜♪
コムギ 3歳

\最大20%OFFの割引キャンペーン中/

モグワン 公式通販サイト

▼僕のモグワンお試しレビューはこちら▼

おすすめ
モグワンドッグフード 口コミ評判
モグワンドッグフードを愛犬に試した僕の口コミ評価!悪い評判が多いけど大丈夫?

続きを見る

そもそもオイルコーティングとは?

そもそもオイルコーティングとは、「ドッグフードの粒の表面に油脂をふきつけること」を言います。

ドッグフードを作る最終工程で行われる作業であり、オイルコーティングをすることでドッグフードの嗜好性を高めることができます。

後述しますが、オイルコーティング自体は嗜好性を高めたり脂質量を調整できるので悪いことではありません。

愛犬家 コノ
大切なことは「どんなオイルでコーティングしているか?」なので、オイルコーティング自体が悪いことではないことを理解しておきましょう。

モグワンドッグフードはオイルコーティングされているの?

では、モグワンはオイルコーティングされているのか?について、実際に販売元である「株式会社レティシアン」にお問い合わせしてみました。

返信内容を以下にまとめたのでご覧ください🔽

アイコン

サーモンオイルによるオイルコーティングをしています。

レティシアンスタッフ

モグワンドッグフードはサーモンオイルによるオイルコーティングをしています。

オイルコーティングをすることでモグワンに含まれるビタミンやミネラルが失われるのを防ぐことができるからです。

味わい向上のために、チキングレイビーの使用と、良質なサーモンオイルでコーティングをすることは欠かせません。

レティシアンのスタッフさんによると、モグワンはサーモンオイルでオイルコーティングをしているようです。

モグワンを紹介しているブログでは「モグワンはオイルコーテインをしていません」と誤った説明しているサイトがいくつかありますが、実際はオイルコーティングをされています。

愛犬家 コノ
モグワンの食いつきが大変好評なのは原材料の品質だけでなく、オイルコーティングをしていることも関係していると考えられますね。

▼モグワンの公式通販サイトはこちら▼

モグワン 公式通販サイト

僕の愛犬の食いつきレビューはこちら

モグワンドッグフード 口コミ評判
モグワンドッグフードを愛犬に試した僕の口コミ評価!悪い評判が多いけど大丈夫?

続きを見る

オイルコーティングをしているなら、モグワンは酸化しやすいドッグフードってこと?

オイルコーティングをすると嗜好性は向上しますが、オイルコーティングのドッグフードよりも酸化がしやすくなります。

そのため「モグワンは酸化しやすいの?」と不安になられるかもしれません。

結論を言うと、モグワンは市販のドッグフードに比べると酸化がしやすいドッグフードなので、取り扱いには注意が必要です。

開封前であれば1年持ちますが、開封後は2〜3ヶ月と早めなので、開封後は早めに与え切った方が良いでしょう。

実際にレティシアンスタッフに問い合わせたところ、約3ヶ月を目安に使い切ることを推奨されています🔽

アイコン

約3ヶ月を目安に使い切っていただくことが望ましいです。

レティシアンスタッフ

モグワンはフード自体には合成保存料や合成酸化防止剤を使用していません。

その代わり、ビタミンEローズマリーエキスなどの天然の酸化防止剤を使っているので、未開封であれば長期保存が可能です。

ただ、新鮮な食材を使っている分、鮮度が落ちるのが早いので開封後はなるべく早めにお召し上がりいただければと思います。

約3ヶ月を目安に使い切っていただき、ジッパー付きやビニール袋に小分けにしていただくと、ある程度の酸化を防ぐことが可能でございます。

モグワンには天然の酸化防止剤を使っているので安全性には問題ありませんが、やはり賞味期限は短いようなので早めに与え切った方が良いでしょう。

スタッフさんがおっしゃっているように、ジッパー付きやビニール袋で小分けにして保存しておくと長持ちできるのでオススメです。

愛犬家 コノ
オイルコーティングをすると酸化しやすくなるため、どうしても賞味期限は短くなります。

市販のフードでは合成保存料や合成酸化防止剤を使っていることが多いですが、モグワンは使っていないので大変良心的ですよね。

▼モグワンの公式通販サイトはこちら▼

モグワン 公式通販サイト

モグワンの賞味期限・保存方法について詳しくはこちら

オイルコーティングは悪いことなの?モグワンの安全性は大丈夫?

「オイルコーティング=悪いこと」というイメージがあるかもしれませんが、オイルコーティング自体は悪いことではありません。

前述したように、オイルコーティングは嗜好性を高めたり、フードに含まれる脂質量を調整することができるからです。

脂質は犬にとっても必要な栄養素なので、オイルコーティングをすることで脂質量を補うことができます。

「オイルコーティング=悪いこと」というイメージがあるのは、犬にとって身体に害となる油や酸化防止剤を使用しているドッグフードがあるからです🔽

注意すべき酸化防止剤BHA、BHT、エトキシキン、ソルビン酸カリウム
注意すべき油動物性油脂
安心して良い酸化防止剤天然の酸化防止剤(ローズマリー抽出物やビタミンE)
安心して良い油サーモンオイル

使用している酸化防止剤や油によっては、発ガン性が指摘されているものがあるので注意が必要です。

モグワンの場合は新鮮なサーモンオイルを使い、酸化防止剤も天然なものなので安心して良いと判断できます。

ちなみに、オイルコーティングをすると粒がドロドロしたりクサイ匂いが出ることがありますが、モグワンの場合は少し油っぽさがあるだけで感触はザラッとしていますよ。

個人差があると思いますが、匂いも肉や魚の良い香りがして嗅覚の鋭い犬にとっては食いつきが期待できますし、僕も不快な匂いとは感じませんでした。

愛犬家 コノ
不安になる場合は、まずは1袋だけ試してみるのがオススメですよ。

定期コースだと割引で購入できるので、僕も定期コースを利用して1袋だけ購入しましたね。

▼モグワンの公式通販サイトはこちら▼

モグワン 公式通販サイト

モグワンの定期コースについて詳しくはこちら

モグワンにオイルコーティングをするメリット・デメリット

モグワンにオイルコーティングをするデメリット

デメリット

  • 酸化が早くなる(賞味期限が短くなる)
  • やや脂っこい感触となる。

モグワンの場合、天然のオイルと酸化防止剤を使っているので安全性に問題ありません。

デメリットがあるとすれば、賞味期限が短くなってしまうことや、粒がやや脂っこい感触となることです。

ただ、お伝えしたように粒の感触はどちらかと言うとザラッとしているので、市販で販売されている安価なドッグフードに比べるとドロドロした感触はありません。

モグワンにオイルコーティングをするメリット

メリット

  • 嗜好性の向上。
  • 栄養バランスの調整ができる。
  • 良質なサーモンオイルを摂取できる。

モグワンにはサーモンオイルがコーティングされており、油をコーティングすることで嗜好性を高めることができます。

また、モグワンを温めることでオイルが少し溶けるので、さらに匂いが引き立ち、犬の食いつき向上が期待できますよ。

そして、オイルコーティングをすることで犬の1日に必要な脂質量を補うことができることもメリットですね。

モグワンは犬の1日に必要なタンパク質量や脂質量を満たしている総合栄養食なので、モグワン以外に食べ物を与える必要がありません。

また、サーモンオイルにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、脳の働きを高めたり血液をサラサラにしたり、関節の抗炎症作用が期待できます。

愛犬家 コノ
栄養価が高いことからモグワンは成長時期の子犬にもおすすめできますし、関節サポート成分も配合されているのでシニア犬にも推奨できますよ。

▼モグワンの公式通販サイトはこちら▼

モグワン 公式通販サイト

関連記事
モグワン シニア犬(高齢犬)
2020年最新!モグワンはシニア犬(高齢犬)におすすめできる?成分を徹底検証!

続きを見る

モグワンのオイルコーティングについて【まとめ】

【まとめ】

  • モグワンにはオイルコーティングがされている。
  • 天然のサーモンオイルによるコーティングなので安全性に問題なし。
  • コーティングすることで必要な脂質量を補っていたり、嗜好性を上げている。
  • サーモンオイルには老化予防などに役立つオメガ3脂肪酸が豊富。
  • デメリットは酸化がしやすくなるので、開封後の賞味期限が2〜3ヶ月であること。

今回はモグワンのオイルコーティングについて徹底調査しました。

実際に販売元に問い合わせてオイルコーティングの有無を確認したので間違いはないかと思います。

市販のドッグフードの中には、どんなお肉を使っているか分からない動物性油脂でコーティングをしたり、酸化防止剤には健康に悪影響となるソルビン酸カリウムが使われていることがあります。

そのため、「オイルコーティングは悪いこと」というイメージがありますが、モグワンの場合は良質なサーモンオイルでコーティングをしているので安全性に全く問題がありません。

また、酸化防止剤には天然のローズマリー抽出物ビタミンEを使っているので、その点も良心的です。

愛犬家 コノ
臭くないの?ドロドロしていない?と心配になるかもしれませんが、特に不快な匂いもなく感触はザラザラとしています。

飼い主さんにとって使いやすいのは嬉しいですし、モグワンは食いつきが大変好評なので、ぜひ愛犬に試してあげてくださいね。

\最大20%OFFの割引キャンペーン中/

モグワン 公式通販サイト

モグワンのお試しレビューを知りたい方はこちら

モグワンの関連記事一覧

モグワン チワワ ドッグフード

2020/10/12

モグワンはチワワにおすすめできる?子犬から老犬まで相性を徹底検証!

モグワン カナガン チワワ

2020/10/3

チワワにはモグワンとカナガンのどっちが良い?原材料や成分、粒サイズなど徹底比較!

モグワン  生後2ヶ月、3ヶ月の子犬

2020/10/8

モグワンは生後2ヶ月、3ヶ月の子犬に与えてもいい?与える量や注意点を紹介!

モグワンドッグフード 口コミ評判

2021/2/21

モグワンドッグフードを愛犬に試した僕の口コミ評価!悪い評判が多いけど大丈夫?

モグワンドッグフードの解約方法

2020/10/20

モグワンの定期コースを解約しました!定期購入の解約方法や注意点を分かりやすく解説

モグワン ニュートロナチュラルチョイス

2020/10/21

モグワンとニュートロナチュラルチョイスを徹底比較!原材料や成分、値段の違いを検証

モグワン オイルコーティング

2021/2/22

モグワンはオイルコーティングされてるの?コーティングするメリットとデメリット!

モグワン ブッチドッグフード 比較 違い

2020/10/22

モグワンとブッチの違いを徹底比較!どっちが良いの?原材料や栄養成分を比べてみた

モグワン 偽物・類似品

2020/10/22

モグワンの偽物や類似品に注意!僕がメルカリ・ヤフオク・ジモティーで購入しない理由

モグワン ウェットフード

2020/10/23

モグワンにはウェットフードタイプがある?モグワンの種類や柔らかくして与える方法!

僕のおすすめドッグフードランキングはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

コノ

はじめまして。チワワと共に暮らす「コノ」と申します。このサイトでは、実際に試して分かったオススメのドッグフードをご紹介しています。書籍やインターネット、インタビューを通じて今までに100以上のドッグフードを調査しました。実際に数多くのドッグフードを試した僕が犬種・年齢・悩み別にドッグフードを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-モグワン

© 2021 ドッグフードの部屋 Powered by AFFINGER5